インプラント歯科アクセスランキング

2008年08月29日

インプラント認定基準@

日本でもインプラント治療が一般化されてきました。そして多くの病院でインプラント治療が行われるようになってきました。インプラントの種類も世界中には100種類以上あります。
そのような状況の中で何処の病院でどんな治療を受けるのが良いのか?
そこで当研究会ではIDCインプラント研究会が提唱しているこのインプラント認定基準を推薦いたします。

@インプラント専用オペ室
インプラントは外科的な処置を伴います。清潔で整った専用の設備の中、感や経験だけでなく安全で正確な治療が必要です。
骨への処置ですので、普段ムシ歯を削ったり、入れ歯を削ったりする同じ場所では、どんなに奇麗に消毒しても清潔とは言えません。きちんと扉の閉まる専用のオペ室で手術は行うものです。残念ながら専用のオペ室がない病院でのインプラント治療は認定できません(おすすめできません)。
また専用のオペ室には、無影灯、酸素・窒素、心電図が計測できる血圧計が揃っているのが最低限条件です。
これらの設備が整っている専用のオペ室があるという事はたくさんのインプラント治療を行っている一つの目安にもなると思います。
posted by 8020 at 08:55| インプラント認定基準 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。