インプラント歯科アクセスランキング

2009年02月07日

インプラント認定基準A

インプラント治療が日本でも一般化されてきました。そして多くの病院でインプラント治療が行われるようになってきました。インプラントの種類も世界中には100種類以上あります。
そのような状況の中で何処の病院でどんな治療を受けるのが良いのか?
そこで当研究会ではIDCインプラント研究会が提唱しているこのインプラント認定基準を推薦いたします。

Aインプラント専門医と歯科麻酔専門医
豊富な経験と実績をもつインプラント専門医がインプラント行うのが絶対条件です。少なくともトータルで2000本以上、年間200本以上のインプラント治療治療を10年以上行っている必要があります(認定基準)。これを一般の人達が知るのは現実的には難しいと思いますので、今後これらを認定する組織が出来るように働きかけていきたいと思います。
もう一つ重要なドクターが歯科麻酔専門医です。インプラント専門医と連携しながら、患者さんの全身状態を管理する歯科麻酔医が必要なのです。きちんとした病院は必ずいます。常勤している事が理想です。いつでも相談ができますし、アフターケアも安心だからです。歯科麻酔医は現在日本でも少ないために必ずしも常勤がいない病院もあります。少なくとも手術中だけでも歯科麻酔医が来てくれている病院でのインプラント手術をお勧めします(常勤がベストですが、手術中だけでも認定基準とします)。逆に歯科麻酔医がいない病院でのインプラント治療はお勧めできません。
posted by 8020 at 17:04| インプラント認定基準 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。