インプラント歯科アクセスランキング

2009年04月17日

インプラント認定基準C

日本でもインプラント治療が一般化されてきました。そして多くの病院でインプラント治療が行われるようになってきました。インプラントの種類も世界中には100種類以上あります。
そのような状況の中で何処の病院でどんな治療を受けるのが良いのか?
そこで当研究会ではIDCインプラント研究会が提唱しているこのインプラント認定基準を推薦いたします。

基本的には患者さんが希望する治療が望ましいです。しかし3本歯がないのに1本だけインプラント治療をするような無責任な病院での治療は辞めた方が良いでしょう。患者さんがいくら望んでも駄目なものは駄目としっかり話してくれる先生に治療をお願いして下さい。特にインプラント治療は特殊な治療です。通常の入れ歯の治療やムシ歯の治療の時とはアプローチが違います。患者さんが望むなら壊れても良ければやるよ、のようなお金儲け主義的な病院の治療は当研究会では否定します。全体としての治療に対する責任を持てるという事も最低限必要な事です(認定基準)。
posted by 8020 at 19:49| インプラント認定基準 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。