インプラント歯科アクセスランキング

2008年06月15日

インプラント適応症

tekiousyou.gifインプラント適応症:

適している方・適さない方

高齢の方も若い方も、インプラント治療は可能です(男20歳・女18歳以上)。
ただし成長期の方は、骨が成長しているため適しません。
歯を失った方への治療ですから高齢の方に行われる機会が多くなります。高齢の方はいくつかの慢性的な病気を持っている事が多いので注意が必要となります。

1高血圧の方
安定されている方ならば、主治医と連絡をとり行うことができます。

2糖尿病の方
安定されている方ならば、主治医と連絡をとり行うことができます。
安定していない方は、感染に対する抵抗性が低下しているので行えません。

3骨粗鬆症の方
骨粗鬆症の方達が必ずしもインプラント治療を行う場所の骨質が弱いという事ではありません。正確な検査が必要です。

4狭心症・心筋梗塞の経験のある方
狭心症発作後3ヶ月、心筋梗塞発症後6ヶ月以上経過してからインプラント手術は行います。必ず主治医の助言が必要となります。血液の流れを良くする薬を飲まれている事が多いので、出血に対しては注意が必要です。

ラベル:インプラント
posted by 8020 at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | インプラント適応症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。