インプラント歯科アクセスランキング

2009年09月05日

インフルエンザ患者数、基準値上回る1.22人 広島県内でも流行始まる

インフルエンザ:患者数、基準値上回る1.22人 県内でも流行始まる /広島県



 ◇手洗い、うがいを--県、改めて呼びかけ

 広島県は3日、県内の先月24-30日の定点医療機関あたりのインフルエンザの患者数が基準値(1人)を上回る1・22人となり、流行が始まったと発表した。県健康福祉総務課によると、流行開始は99年の調査開始以来、最も早く、ほとんどが新型インフルエンザとみられるという。

 同課によると、県内7保健所のうち、定点あたりの患者数が基準値を上回ったのは、多い順に県西部東(3・00人)▽呉市(1・54人)▽県北部(1・50人)▽県東部(1・40人)の四つ。例年は、12月ごろに流行が始まり、1月下旬がピークとなる。県内で3日夕までに、新型インフルエンザによる重症患者や死者はいないという。県は「一人一人が感染予防に努めることが予防策」として、手洗い、うがいの励行や早めの医療機関受診などを改めて呼びかけている。
posted by 8020 at 08:29| 広島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。